ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

ゴロゴロ!

日曜日はいつも音楽を聴かない。
しかし嫁が友達とお茶をするとのことで一人の時間ができた。

久しぶりに一人でのんびりした時間。
何をしようかと悩んだ末にゴロゴロ読書…幸せ。
昨年末に購入しながら読んでいなかったこれを

まだ夢の続き

まだ夢の続き


巻末にある細野さんとのインタビューを目当てに購入した。
けれど本文の方もいろいろな興味深い話が多く楽しめた。
エイプリルフールを解散した後に細野・松本とグループを組まずに
「ヘアー」のオーディションを受けた動機。
「ほうろう」を作ってその後の活動。
クリスチャンになった動機など
小さく疑問に思っていた事が解けた。

読書にあわせて「ほうろう」を聴く

ほうろう

ほうろう


ティンパンアレーはファンキーなグループよね。
M9“ふうらい坊”のファンキーな変貌ぶりがたまらなくカッコイイ。
「この後何枚か小坂忠とアルバムを作っていたら」と想像し、
聴いてみたい!と欲深く考えていた。
しかし、今回自伝を読んで当時の事情を知って、
それはできないことだったんだと納得した。


「ほうろう」から脈絡なくステレオラブに飛ぶ。

Oscillons From the Anti Sun (W/Dvd)

Oscillons From the Anti Sun (W/Dvd)


Disc1とDisc3
DVDはUK盤PAL方式だったから普通のDVDプレーヤーでは見れずにガックリ!
(パソコンでは見れるんやけどテレビのサイズで見たい)
リージョンはフリーの模様だからNTSC方式のUSA盤を買えばDVDは見れると思います。
音源は“Ping Pong”の珍しいバージョンが入っていたりとかなりお買得。
明日はDisc2を聴く予定。

夕方からは嫁実家にて食事…自由時間終了