ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

もうすぐ来日BlurとTortoise

年始から仕事モード全開で1週間が過ぎた。

半ばではちょっと落ち込むこともあって、

フィッシュマンズを聴いて現実逃避しかけたけど、

なんとか気持ちを切替えて前向きになれた。

来週にはBlurが来日するので、耳の気分がBlur

東京での公演なので見には行けないけれど、

WEBでBlurの情報が入ってくるので気になる。

見に行きたいけど、見に行けないのはしょうがない。

ボックスセット「BLUR 21 BOX」の内容量はとてつもなく多い。

いつもは「Parklife」や「Blur」の本編を聴いているけど、

今回は「13」の本編とDisc2、「Blur」のDisc2を聴いている。

13: Special Edition

13: Special Edition

それぞれのDisc2はシングルのカップリングやリミックスなので、

本編ほどに重たくない曲もあるから聴きやすい。

流れが無いから本編の方が好きなのは変わらんけど。

クロスビート発刊のBlur本と併せて読んでいるけれど、

ところどころでトータスの名前が出てくるので、

久しぶりに2nd「Millions Now Living Will Never Die」を聴いてみた。

トータスとBlurを当時は別々の物として聴いていたけど、改めて聴いてみて

「13」との類似性が見えてきた。

ギターの音の感触と全体の音空間の広がり。

同じような空気感があるけれど、

それぞれの持ち味がまぶしてあって、

独自の音になっている。

そういえばBlurのリミックスをトータスがやってたな。

この関係は興味深くちょっと面白い。

Millions Now Living Will Never Die

Millions Now Living Will Never Die