ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と10歳・9歳・7歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

今日から仕事始め。
そして新居からの初出勤。
駅に近くなったので早めに家を出る。
いつもより10分ぐらい早めに…


駅がエラい混雑してる。
みんな仕事初めだからかな。


「人身事故により大阪方面は…」
動いてないやん!
「阪急に振替輸送をします」
おお阪急に急げ!


いままでに経験したこと無いギュウギュウの車内。
今年も頑張ろう。

ペット・サウンズ・セッションズ

ペット・サウンズ・セッションズ


昨日は引っ越しが終わった部屋でまったりテレビを見ていた。
NHKの番組「課外授業 ようこそ先輩」という番組が始まった。
著名人が母校を訪ね後輩の生徒に自分の仕事を体験してもらう番組だ。
昨日は長渕剛が出演してて、あまり興味のない人ですがぼんやりと見ていた。


卒業をテーマに生徒が歌詞を作る作業を体験していた。
その歌詞を基に曲を一曲作るという流れ。
体験学習後、全校生徒の前で長渕がミニライブを敢行。
ライブの最後に体験学習をしたクラスの生徒と共に、
一緒に作り立ての曲を歌うという感動仕立てのドキュメント。
それは「あーこういう風に歌詞を作るのか」と納得しただけ。


私の琴線に触れたのは、お世辞にも巧いといえない若者たちに、
歌を教えている長渕とマイクの前に並んだ生徒たちの姿です。


私の心の中
「あーブライアンウィルソンだったら細かい音程まで指示しそう」


というわけで膨大なセッションを集めたボックスを久しぶりに聴いております。