ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と10歳・8歳・7歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

やっぱり30分という長さがほどよいのかな。
毎日ヘビーローテーションしている。

Modern Guilt

Modern Guilt


音の感触もローファイで疲れない。
マディー・ウォーターズにしてもそうだが、
良い音って何だろうと考えてしまう。
1950年代の音は生々しくて心地良い。
現在の方が機材の性能は発達してると思うが、
性能を上げる時に、捨てられた性能が重要だったりしたのかも。
ハリー細野の最新作も昔のマイクで録ったみたいだし。
FLYING SAUCER 1947

FLYING SAUCER 1947