ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と10歳・8歳・7歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

長年の不理解…

雨の季節でジメジメしてきた。


どんな経路で行き当たったのか忘れたが、

Lushが2016年に出したBOXセットの紹介記事を読んで、

久しぶりにLushを聴いている。

 

Lushといえば初期が大好き。

甘いメロディーと憂鬱感漂う音像と胸が締め付けようなコーラスワークが大好物なので、いつも初期を聴いている。

 

が、今回は最終アルバム「Love Life」とベスト盤「トポリーノ」を聴いている。


発売当時は理解できずに、ほとんど聴かずに放ったらかし。

初期の特徴が失われて、クリアなギターポップバンドな音になったので、寂しかった。

 

 

 

でも久しぶりに聞いてみたら、憂鬱感漂うノイジーギターこそなくなったけど、甘いメロディーとコーラスワークは健在だったのかと、

今更ながら気がついた。

 


Disc4「Love Life」のボーナストラックに収録されている、

初期曲のデモもなかなか胸がキュンとなる。

2年経って、買っててよかったと思わされる一枚。

M15”Problem child”は聴いたことが無い曲だけど、1st「Spooky」収録の”Nothing Natural”の原型かな?

Chorus-boxset Ltd.edit

Chorus-boxset Ltd.edit

値段が4万超えとる…