ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

仕事始め

2013年の仕事始め。
朝からバタバタと用事があって、
身体も頭も大混乱ではあったが、
何とかこなすことができた。


仕事をたくさんあるのは幸せではある。
今年も忙しい中で音楽を聴いて英気を養いたい。

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造


ポール・マッカートニ熱はしばらく続く。
2005年の作品で、とても良い作品。
ポールの良さが凝縮されているのかな。
ナイジェル・ゴドリッチのプロデュースで
地味だけど、メロディーが身にしみる作品。


音の感触はポールだなと思う部分が大きいけれど、
ナイジェル・ゴドリッチがプロデュースしたシャルロット・ゲンズブール
思い起こさせるということはナイジェル・ゴドリッチっぽくもある。
二人の絡みが良い味を出しているんだろうな。

“5:55”

“5:55”