ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

ようやく来た「ロック・オブ・エイジズ」拡大版

年末という理由だけでなく、とても忙しい。

加えて、次男の怪我による手術などもあって私事も忙しい。

次男の手術は無事に昨日、終わった。

やはり、カミソリの威力は恐ろしい。

中指の神経と腱が切れていたので、接合してもらった。

痛々しい姿はとても可哀想で、親としても辛い。

次男の手術日と重なってしまった発売日ですが、

ようやくザ・バンドの「ライヴ・アット・アカデミー・オブ・ミュージック 1971 ロック・オブ・エイジズ・コンサート デラックス・エディション 」を入手した。

延期に延期を重ねて、焦らしに焦らされた箱である。

f:id:pinehead:20131212195630j:plain

最初の2枚目を聴いてるけど、音がものすごく良い。

生々しくて、各音が立体的に明瞭に、かつ混然として響いている。

ブックレットの内容も充実していて、日本語訳がありがたい。

日本盤の発売を待ってて本当に良かった。