ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

優雅な気分

お腹のキュルキュルはなんとか治まった。

キュルキュルなお腹に反して、

優雅な音を身体が望んでいるのか、

Everything But The Girlの「Language of life」や

その次の「Worldwide」を聴いていた。

「Worldwide」は購入した記憶が無いぐらいに、

全く聴いてなかったんだけど、意外に良かった。

AOR風味が残りつつも後半部分は初期EBTGの

寂寥感が漂っていて良い感じ。

デラックス・エディションも買う気が出てきた。

ベン・ワットのライナーを読みたいから、日本盤が欲しいけど、

発売はUK盤のみのよう。

英語の勉強がてら解読してみようかな。

Language of Life: Deluxe Edition

Language of Life: Deluxe Edition

Worldwide & the Acoustic: Deluxe Edition

Worldwide & the Acoustic: Deluxe Edition

Amplified Heart: Deluxe Edition

Amplified Heart: Deluxe Edition