ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

カツカツカツカツ

颱風が迫っているからではないが、
XTCが何となく聴きたくなった。

イングリッシュ・セトゥルメント

イングリッシュ・セトゥルメント


朝からMelt The Gunsが頭の中をループしてた。
メトロノームを刻むようなリズムが、追い立てられてように迫ってくる。
フレットレスベースのメロディが伸びやかで対比的。


このアルバムは元々二枚組で、曲数が多いと思ったけど、
全部で15曲だから、現在からみたらそう多くはない。
ちょっと中だるみするけど、11曲目のKnuckle Downからの流れが軽快で良い。
だから、もう一回最初から聴きたくなる。
何となく変なアルバム。