ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

今日は久しぶりにPaul Pane
タワーで試聴して即購入した一枚。
この人のことはあまり良く知らない。
素晴しい音と声を奏でているR&Bテイストなシンガー。
目が不自由なギタリストらしい。
R&B的ではあるがスワンプロック的要素も入ってる。
ジェシ・エド・デイビスとビリープレストンの中間的な音。
そしてジミヘン的でもある。


1973年に録音されて、長い間倉庫でお蔵入りしていたらしい。
なぜ28年間もリリースされなかったのか不思議。
表題曲の“NewTrain”を聴くと落ち着いた気分になり、胸がキュンとして涙がでそうになる。

New Train

New Train