ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

2週間ほど前からずっと気になってた。
京都方向から大阪に向けて通勤しているのですが、
進行方向の左側に向いて立って乗るのが習慣になっている。
線路の外側、枚方・寝屋川方向に向いて乗っている。


気になっていたのは淀川を渡った大阪側の川岸の現象だ。
三脚にカメラを据えて電車の勇姿をおさめようと、
寒いなか待機してる方達が2〜3人いる。
電車を姿におさめるには淀川岸は絶好のロケーションではあると思う。
橋を渡る電車はなんかさまになるしね。
2週間ほど前は「あら居るな」程度の認識でしたが、
毎日カメラマンを見かけるようになってきた。
同じ人ではないと思うがたいてい2〜3人だ。


今日は10人前後いた。
みんな三脚立てて。


何があるの?
と疑問に思って思い当たったニュース
『寝台急行「銀河」、14日に幕 東京―大阪結び60年』
http://www.asahi.com/life/update/0306/TKY200803060202.html
あーなるほどね。
3/15はダイヤ改正やしね。
最後の勇姿をおさめようとみんな写真を撮ってたんや。


と、納得したのもつかの間。
私が通過するのはいつも8時20分頃。
記事には大阪駅に着く時間が記述してる。
「午前7時18分、大阪駅着。」


???彼らは何の写真を撮ってるんだ????