ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

明けまして

連休明け・風邪明けの初日
風邪は鼻声だけの状態に回復した。
電話越しの皆さんに「風邪ですか?」と聞かれる。
連休明けに済ませようとしていた仕事を順序よくこなして、
一日の仕事は無事に終了。

スモール・トーク(紙ジャケット仕様)

スモール・トーク(紙ジャケット仕様)


スライ諸作品マイランキングの中では上位に位置する『小咄』
『暴動』の鬱な音から徐々にハイになっていく状態の音が心地良い。
これもリマスタで良い音になっています。

気のせいかもしれないがM4“TimeForTheLivin”のイントロが長くなってるような…

今回のライナーで知ったのだが、今作から参加しているバイオリン奏者。
シド・ペイジという人らしいのだがダンヒックスのバンドにいたらしい。
そのことが妙に納得させられるほどリズミカルでタイトなバイオリンだ。
というわけで久しぶりにこちらも聴いてみたくなってきた。

ラスト・トレイン・トゥ・ヒックスヴィル

ラスト・トレイン・トゥ・ヒックスヴィル


年代的に『小咄』が74年に発表で、こちらの『 ラスト・トレイン』が73年。
参加しているかどうかは微妙だが、どちらも好きな作品だけに意外な結びつきだ。