ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

春うらら

今日ようやくコートを脱いで出勤。
そんな春な気分に誘われてこれを聴く。

WILD&MOODY

WILD&MOODY

何故か幸宏のこのアルバムは春の気分。
『ニューロマンティック』や『ボク大丈夫』は冬な気分だ。
このアルバムは細野さんが弾くブリブリベースが聴ける。
ギターが軽やかでドラムが強烈で幸宏の作品の中でもロック色が強い。
M4“HELPLESS ”を知ったのはこのアルバムからだ。
もうちっとこの路線を聴いてみたかったと思った中学時代を思い出す。
『ワンス・ア・フール』も悪くはなかったけど。