ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

対談の本

最近こんな本が出てたとは知らなかった。
とあわてて購入した。

対談の本―ロックンロールから枝豆まで (MARBLE BOOKS)

対談の本―ロックンロールから枝豆まで (MARBLE BOOKS)

通勤時間を利用してすこしづつ読んでいくつもり。
ゲストが持ち寄ったCDを聴きながら対談の対談。
音楽から広がった話が興味深い。
細野さんがアンビエントからポップスに戻った時期の対談だけに面白い。
そういえばたいていの人は細野さんの事を『細野さん』と呼んでいる。
かまやつひろしまで『細野さん』だ。
そう呼んでしまうオーラを出しているのだろうか。
仙人のような超然とした飄々としたオーラが『細野さん』と呼ばせてるんだろう。
これも今日の謎だ。
謎は解決しないまま忘れ去られていく。

線路に人が立ち入ったみたいで電車がストップ…缶詰だ。

ようやく解放された。予定以上に『対談の本』を読み進めた。
キヨシローが元気になってたのを知らなかったよ。