ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と7歳・6歳・5歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

L-R TRAX Live&Rare Tracks

L-R TRAX Live&Rare Tracks

今朝、起き抜けに枕元にあるCD棚に鎮座ましますこの箱が目に入る。
DISC 1の紀伊国屋ホールを聴きながら通勤しようとCDプレーヤーを用意。
そういえばこのところ紙ジャケやら『ONE MORE YMO』やらが再発されている。
持っているものはスルーだ。いや『ONE MORE YMO』は単体では持ってないか。

さて紀伊国屋のライブである。
シンセの音が太い。これは生で聴くと驚くだろうな。
M1の“ファイアクラッカー”はタンスの音が大きめで聴こえる。
M1〜M3辺りの音は『BGM』に近いかもと思う。
そしてM6の“ジ・エンド・オブ・エイジア”
教授“千のナイフ”と間違ってる?
こういうのを聴くと生々しくて、にやにやしてしまう。

MCでメンバー紹介をするのが珍しい。
先日発売された中華街ライブを思い出す。

M8“ウォンテッド”
名うてのメンバー達が演奏してるだけあって、グルーブ感は抜群。
でも、ギターが入ると渡辺香津美といえども歌謡曲に聴こえる。
そういえばピンクレディーのアメリカ公演のライブレコードを、
中古屋で見かけたことがあるが、チャックレイニー・リズムセクションが、
バックを演奏していたが、あれはどうなんだろう…聴いてみたかった。

それにしても、最後に「ウォンテッド」と歌っているのは誰なんだろうか?