ロック総研

ロック好きなおっさんです。音楽と10歳・9歳・7歳の年子三兄弟の子育てについて語ってます。

引継ぎツアー終盤

引継ぎツアーも終盤。
1月半ばから札幌→東京→福岡と回ってますが、
いつのまにか新型ウィルスの話題が満載。
飛行機・ホテル・新幹線と公共機関の密室で不特定多数の人と共存してたので、
かかって無いとは言い切れない怖さはある。

マスクとうがいと手洗い励行で。

福岡もしばらく行くとはないかな…
実家に寄って年老いた両親の顔をしっかり見てきた。

車中のお供の音楽はあれこれありましたが、
久しぶりにXTCの1st、

White Music

White Music

  • アーティスト:XTC
  • 出版社/メーカー: Ape
  • 発売日: 2014/07/15
  • メディア: CD

引継ぎツアー中

退職のため本社やお客さんのところを訪問するため各所に出張ってる。
札幌は初訪問だったけど、東京→福岡→広島。


今の会社に転籍してから日本全国各所を回れたのは良い体験だったと思う。


最後の東京かなというので、グループ会社の各所でご挨拶。

併せてディスクユニオンでのラスト物色。


今回は掘り出し物と言えるのかわかりませんが、
トムトムクラブの3rd〜5thまでのアルバムを確認500円前後で入手。


この辺はアルバムが出てることすら知らなかったので、逆に楽しみ。

Boom Boom Chi Boom Boom

Boom Boom Chi Boom Boom

  • アーティスト:Tom Tom Club
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
Dark Sneak Love Action

Dark Sneak Love Action

  • アーティスト:Tom Tom Club
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1992/05/26
  • メディア: CD
Good the Bad & The Funky

Good the Bad & The Funky

  • アーティスト:Tom Tom Club
  • 出版社/メーカー: Rykodisc
  • 発売日: 2000/09/12
  • メディア: CD

雨の寒さと小雨

出勤するのが辛い。
というほど寒くないけど、
小雨で濡れると寒い。

CDは大雑把な片付け方で終了。
服を捨てたり、書類を捨てたりで部屋がかなりスッキリした。


どこの家も大掃除してるのか、追い出されたと思しき、
長男の同級生達が誘いにくる。
みんなで近所の公園に行って遊んでるから楽。
楽だけど、父としては「遊んで」とせがまれないのも寂しい気分。

ステレオラブドッツ・アンド・ループス」リマスタが届いた。
Spotifyで聴いてたけど、CDからリッピングした方が、
音の厚みや立体感がある。
発売された1997年にステレオラブ自体も初めて聴いて、
衝撃を受けた一枚。


ハイハット音加工具合も感じられるし、
アナログ感がより感じられて、
逆にデジタル音との混ざり具合が
気持ち良い音に仕上がっている。

冬休み納め

今日で冬休みも終わり。
子供が所属するFCでの初蹴りに参加。
50歳手前のおっさんが30代のお父様方に混ざって、
親子サッカーするのはちと辛い。
でも1点決められたは嬉しい。
スクワットなどの筋トレのお陰で
足はつらずに済んだのは幸い。


ステレオラブ好きは続く。
結局「ドッツ・アンド・ループス」リマスタも頼んでしまった。
明日には届く予定。

明けましておめでとうとございます

2020年…21世紀になって20年目か…

21世紀になった時は新年早々に失恋したり、

あれこれと気持ちが沈んでたな。

あの時の自分に「何とか結婚もして、子供もできて、人並みに生きてる」と伝えてあげたい。

 

 

新年早々に女性陣だけで買い物に出掛けたので、

男の子達と公園でサッカーして汗を流した。

健康的な正月。

 

久しぶりにCDプレーヤーで音楽を聴いてる。

ステレオラブのリマスター物が音的には気持ち良い。

 

SOUND DUST - Expanded Edition - [解説付 / オリジナル・ステッカー封入 / 国内仕様輸入盤 / 2CD] (BRDUHF27)
 

 

プリンス関連でウェンディ&リサのCDが大掃除中に3枚で出来たので、それ以外に出てないかSpotifyで検索したらあった!

シンプルで地味だけど意外にグッとくる。

Love & Trouble, a song by Wendy & Lisa on Spotify

大晦日物

いろいろとあった一年が今日で終わり。

2019年は転職活動した年として、あとで振り返ると思い出すのかな。

 

 

晦日の音源としてザ・バンドの「ロック・オブ・エイジズ」があるけど、

今年はほぼフル音源が出たジミヘンのフィルモア

エクスペリエンス好きとしては、バンド・オブ・ジプシーズのジミヘンは好きでなかった。今までの音源がこもった感じの音というのもあるけど、

なんとなくグルーブ感がギクシャクしてる感じで乗り切れなかった。

 

でも今回の音源はかなりスッキリした後で、立体感があって、一体感が出た音に仕上がってる。

4回公演分を全部聴くにはかなりの余暇が必要ですが、なんとか最後まで聴く気になる音源。

 

 



 

子供達との時間

冬休みに入ってゆっくりと過ごしながら、部屋の大掃除。

 


CDは大雑把な片付け方で終了。

服を捨てたり、書類を捨てたりで部屋がかなりスッキリした。

 

 

 

どこの家も大掃除してるのか、追い出されたと思しき、

長男の同級生達が誘いにくる。

みんなで近所の公園に行って遊んでるから楽。

楽だけど、父としては「遊んで」とせがまれないのも寂しい気分。

 


掃除のBGMはプリンスの「1999」スーパーデラックスエディション。

デモ音源は結構クリアな音で、こもりが無く当時の音と遜色ない仕上がり。

中途半端なアレンジで終わってる曲もあるけど、

それでも完成度が高くプリンスの才能を感じられる作品。

 

1999:スーパー・デラックス・エディション

1999:スーパー・デラックス・エディション